大麦若葉の青汁で健康生活~野菜嫌いの人にも人気~

健康にも美容にも役立つ

男女

健康増進効果がある

青汁は野菜の栄養素が凝縮されているので、さまざまな健康増進効果を期待することができます。そのような青汁の原材料として最も広く用いられているものがケールです。ケールはキャベツの変種で栄養価が非常に高くて日本全国で栽培されています。また、青汁にはカルシウム、ビタミンC、マグネシウムなどの成分が非常に多く含有されています。特に、ビタミンCは抗酸化作用が高くて体内の活性酸素を除去できる効果を持っています。活性酸素には紫外線を浴びると体内で生成されて肌の老化を促す働きがありますので、アンチエイジングとしても期待できます。それから、ビタミンCは肌の美容成分であるコラーゲンを生成する効能もあるので、肌を若々しいものにしたい人にとってケールが配合された青汁は非常に有用です。こうした美容効果以外にも、ケールには眼精疲労からの回復などもあります。これは含有成分であるルテインの働きによるものです。目が受ける刺激から保護してくれる役割を期待することができるのです。この他にも、血行促進作用、寝つきの改善、便秘の解消などの効能もあります。特に、便秘の改善については、ケールは腸内環境を整えてくれるので、便が排出されやすくなりますし、腸の機能が向上して便を押し出す力も強化されます。このように、さまざまな効果がありますので、青汁を飲むときにはケールが原材料になっているものを選ぶことをおすすめします。摂取するタイミングとしては朝食の30分前が良いです。もちろん、薬ではないので、いつ飲んでもかまいません。